危ないDトラ乗りのブログ

バイク関連から日常の何気ないことまでゆる~く書いてます

DトラッカーXは大学生にぴったり!? 愛車紹介 購入1年インプレッション編

どうも、危ないDトラ略して危トラです。これからこの略称を浸透させて行くべく冒頭の挨拶はこれで行く所存であります。オッスオッス。

そんなわけで今回は私の相棒にして走る楽しさを教えてくれた恩師である愛しのDトラッカーXことデイトラちゃん(♂)をインプレッションして行きます。ファイナルエディションも出てしまいましたが、まだ間に合う!では早速見ていきましょう。

 

目次

DトラッカーXインプレッション

f:id:Hollow_Follow:20170831111718j:plain

↑aibooooooo!!!!!!

DトラッカーXはKawasakiが誇る足軽兵、モタードです。モタードってのは、オフロード車両の車体をオンロード用に再調整しオンロードタイヤを履かせたバイクのことです。一応ちょっとしたガレ場くらいならいけるという意見をネット上でちらほら聞きますが、進んでガレ場や林道に行くのではなく、急なオフロードでもそれなりに苦労せず行ける、くらいに考えといてください。まぁオフロードに突入したことないから分からんですけども。

しかしながらオフ車本来の軽さと機動性、そしてシートの細さは初バイクのライダーにとってどうなのか!そこも含めて良い点悪い点やら燃費や足つきなどそれなりに丁寧に書いていくつもりですので、よろしければどうぞ~。

維持費

一番はじめのインプレ事項がお金ってあたりが貧乏大学生っぽいでしょ?でもこの子すごいのよ~!平均38~40km/ℓ。やはりシングルエンジンは燃費が良いですね。多少ぶん回しても、それなりにエコ運転してもそんなにぶれないのは、デイトラちゃんがすごいのか、私の運転技術がアレなのか…。またこのデイトラちゃんは排気量が250ccなので、車検はありません。買ったショップの1年点検を受けたとしても、車検代よりは遙かに安いです。やDN1(やっぱDトラNo.1)

パワーなどフィーリング

「しかし燃費がよくてもパワーがねぇ…それなりに無いとストレスがマッハなんですが?お?」

と、心配になるかもしれません。結論から言うと、パワー不足は感じません(私は)。確かに同じ250ccバイクでも二気筒や四気筒に比べると高回転域での加速は鈍るでしょうし、数字だけで見れば馬力も控えめといえるかもしれません。そこでオフ車の軽さが活きてくると言うわけです!言ってみればこのDトラッカーX含めたモタードは、究極のライトウェイトスポーツです。乾燥重量約130kgという軽さが、パワー不足を感じさせない加速力(があるよう感じさせる)を実現しているのです。

 最高速?求めるバイクじゃないでしょうが(半ギレ)。「俺は速さ以外に興味は無ぇ!馬力!パワーウェイトレシオ!風になりたぁい!(物理)」という方は、真っ先に選択肢からデリートしてください。オフ車やモタードにそれを求めるのは、まぁ、その…ナンセンスです(ばっさり)。

結論からいうと、町乗りからツーリングまで問題なくこなすことができる程度のパワーは持ち合わせています。安心だね!

 乗り心地

はい…皆さんお待ちかね!細いシート!高い車高!それらのファクターが生み出す乗り心地は…。

細いシート!

ケツが割れた。うん。

何も対策しないで乗り続けていると、30分に一回休憩しないとケツが細胞レベルで分裂します。恐らく細さと、凹凸のないツルッツルな表面の相乗効果で、どこにお尻をポジショニングしても気がつくとズリズリと一番細いところに落ち着く。何も対策しないと頻繁に休憩するかスタンディングを繰り出すかしないとかなりしんどいため、買ってまず対策すべきそうすべき。私はゲルザブ先生のお力を借りています。

 

 

取り付けも簡単ですし、30分ごと必要だった休憩が1時間以上ライディングを続けても耐えられるようになりました(無傷ではない)。オフ車やモタード以外のバイクでもゲルザブ先生は装着する価値があります!

高い車高!

ってよく言われますが、このDトラッカーXはそうでもございません。身長173cm体重63kgの私が跨がるとこんな感じ。

f:id:Hollow_Follow:20170831131446j:plain

少しお尻をずらせば、バイク本体をそんなに傾けることなく片足ベタ付きです。

f:id:Hollow_Follow:20170831133826j:plain

両足でもかかとが少し浮く程度です。ピントが合って無くてすんません…。ただ仮に限りなくホビット族に近い方ですと、ちょっとキツいかもしれません。シート自体がそんなに厚くないので、これ以上のあんこ抜きは自殺行為です(ケツ的な意味で)。

何の話でしたっけ…あ、乗り心地の結論です。

・町乗り~ちょっとしたお出かけの距離→対策なしでも、まぁ何とかなる。この距離でケツが死ぬなら…鍛えて、どうぞ。

・それ以上の距離→対策は絶対するべき。ケツの細胞分裂がマッハ。事前準備にゲルザブ+ハイシート化出来たらもう完璧。もし対策なしで逝きたい(誤字ではない)のであれば、こまめな休憩を忘れずに。

その他

タンク容量

約8リットル。燃費が良いとはいえ、この少なさは手痛い。満タンかつ信号など停止要因が少なめであれば300km近くは行けるかもだけど…私は怖いので200km過ぎたら不安で近くのガソリンスタンドを探す感じです。

始動性

バツグンです。インジェクションは伊達じゃない。冬でも全く問題なし。

ちなみに最高時速どんくらい行きそう?

なんだかんだ言って気になりますよね~。大体ぬあわくらい(ボソッ)。

高速道路は得意じゃないですが、まぁ流れに乗ることは問題なく出来ますので安心してください!

回転数的には余裕があるのですが、振動がやばい。ミラーはガタガタでもう写る車の車種がまるで分からないくらいブルブルです。マジブルブル。

 

 ↑ブルブル!ベリベリ!アイッ♪アイッ♪ブwルwベwリwアwイwww

 

…。

 

カスタムの幅

このDトラッカーXの前のモデル。キャブのDトラの特徴の1つに、豊富なサード・パーティー製のカスタムパーツが挙げられると思います。が、残念ながらDトラッカー用のカスタムパーツはDトラッカーXと互換性がありません。注意してください。まぁそれでもハイシートキットやレバー類、ハンドガードなどカスタム出来る場所はたくさんあるため、そんなにがっかりしなくても良さそうです。

まとめ

やばい…纏まりがまるでない…。あ!良い点と悪い点をまとめると…

良い点
  • 燃費がとてもよい。
  • オフ車の恩恵を最大に活かした軽さ、またそれによる加速の気持ちよさ。
  • キャブモデルほどではないまでも、それでもなおたくさんあるカスタムパーツ。
  • 無茶苦茶かっこいい。惚れ惚れする。しかも人とかぶらない。優越感。
  • 排気量ヒエラルキーに巻き込まれない。故に劣等感が生まれず心に余裕が生まれる。やDN1。
悪い点
  • 対策しないとケツが痛い。→対策次第でどうとでもなる。無問題。
  • タンク容量が少ない。→ビッグタンク買って、どうぞ。無問題。
  • シングルエンジン故のパワー不足。→パワーだけがすべてじゃない。てかパワーを求めるなら選択肢に入れるべきじゃない。無問題。
  • カスタム地獄に嵌まる可能性がある。→手遅れ。

ざっとこんな感じですかね。

このバイクがぴったりな人

「あまりお金がないけど、通学or通勤メイン時々ツーリングしたい!」という方にぴったりなバイクだと思われます。よって大学生かそれに近い年齢の方に是非ともおすすめしたい。また、そのままでもかっこいいですがカスタムして「ぼくのかんがえたさいこうのばいく」を作り上げることも出来るため、盆栽好きな人、人とかぶることを嫌う人にもおすすめです。

終わりに

まだ伝えたい魅力はたくさんありますが…このバイクが気になっている人が気になることを中心にまとめました。「これだけじゃわからねぇyo!」という方は、お気軽にコメントください!長々長々語ってきました。最後まで見てくださり、ありがとうございました!