危ないDトラ乗りのブログ

バイク関連から日常の何気ないことまでゆる~く書いてます

大学生の間ではどんなバイクが流行っているのか(狭い範囲で)調べてみた

どうも!危ないDトラ略して危トラです!

もう9月ですね~。ここ最近日中と夜の気温差が激しいですが、皆さんの地域ではどうですか?私の地域は割と涼しい地域なのでもうエアコンいらずです!日中も涼しくなれば、もっと長い時間ツーリングできるんですけどね~。

さてさて、今回は大学生ライダー見習いの方に向けた記事です!バイクに興味を持った方の中には、「俺にはNinjaちゃんしかいねぇ!あぁかわいいよペロペロ」といった具合に買いたいバイクの車種が決まっている人の他に、「バイクに興味を持ったは良いけど…どれもかっこよく見える!この中から何を基準に選べば良いか分からん!オシエテーエライヒトー」という方もいると思います。私は後者のタイプでした。そこで今回!大学生の間で流行っているバイクのタイプまとめin私の大学!!!

と称しまして、私の通っている大学の駐輪場から、今の流行を探っていきたいと思います。バイク選びのちょっとした基準になれば良いなと思います。あくまで私の大学の駐輪場でしかないので、軽~い気持ちで見ていただければと思います!

 目次

 大学生の間で流行の車種

ここまで読んだ方で、こう思う方もいるかもしれません。「流行なんかで自分の相棒を決めんじゃねぇ!一目見たときにビビッときたら、そいつが相棒なんだze☆」

はい、一理あります。バイクは車と違って趣味性が高い乗り物です。だからこそ流行に流されるんじゃなく、自分の好みで決めろってことですね?

でもねでもね、今大学生かそれに近い年齢の方ってバイクブームを経験せず育ってきています。「バイクと言ったらコレ!漢は黙って〇〇!」という基準すらも知らないのです。よってふとバイク乗りたいと思った人は判断基準がスペックか、見た目か、流行しかないのです。何が言いたいかっていうと、「相棒の出会い方なんて千差万別なんだよ!流行で決めて失敗したって良いじゃない、ライダーだもの」

メーカーごとの割合

f:id:Hollow_Follow:20170901104950j:plain

あくまで正確に調査したわけではありませんが、いつも駐輪した際に何気なくメーカーを見てみるとこんな感じの割合でした。具体的な車種で言うとホンダはネイキッドが圧倒的に多いです。誰しも最初にお世話になるスーフォア先生ことcb400sfや250cc四気筒の代表格であるホーネット250が多いです。

ヤマハは多種多様です。mtシリーズやxjr、yzfシリーズやセローにドラスタなどなど、ネイキッドからストファイ、オフ車まで満遍なく集まっているイメージ。この2メーカーが私の大学の駐輪場の半数以上を占めています。

続いてスズキ。数字では15%と書きましたが…そんなに無かったかも…(おい)。車種もなぜかクルーザーとオフ車しかいませんでした。

カワサキはもう言わずもがな。Ninjaシリーズです。てか私のデイトラちゃん(DトラッカーX)を除けばNinjaしかいねぇ!どんだけ人気なんや…。

外車ですが、これは圧倒的ハーレー率。元々外車率は少ないためハーレーしかいないです。

この結果は、正直なんとなく予想通りでした。昔から頑丈、熟成されたエンジンとして有名だったホンダと、とてもハイカラで心惹かれるデザインのヤマハが半分以上を占めることは分かっていました。驚いたのはカワサキです。もうNinjaだけで良いんじゃないかな…。スズキは…ねぇ?ほら、スズキの良さはまだ大学生くらいの年齢じゃ分かっちゃいけないんですよきっと!ね!ね!?(逆を言えば、スズキを選べばまず周りとかぶりません。よって人とかぶりたくない人にとっては、中々魅力的なメーカーだと思います。何気に国産の中で一番意欲的なイメージですし、選択肢として大いにありです。って補足してみる。私もグラディウスが欲しいぃぃい)

タイプごとの割合

f:id:Hollow_Follow:20170901112858j:plain

続いてタイプごと!やはりネイキッドが多いです。ホンダならスーフォアやホーネット、ヤマハならxjr400、カワサキならゼファー、スズキは今のところネイキッドはありませんでしたが、友人が近々イナズマ400を買うそうなので国産メーカーすべてでネイキッドがそろっています。

次に多いのがツアラー/SSですね!ホンダだとcbr、ヤマハだとyzf、カワサキだと言わずもがなNinjaです。スズキではいませんでした。(昔gsx-rがいたんですが…最近見ません。卒業しちゃったのかな)

その次に多いのが、意外や意外!オフ車でした!実はヤマハのセローが4台、カワサキのklxが3台と、この2車種が多いこと多いこと…。ホンダだとcrf、スズキだとジェベルがいますがそれぞれ1台ずつです。ちなみにオフ車と一括りにしましたが、オフ車:モタードの割合はおよそ7:3でした。てかセローは良いぞおじさん(大学生だからお兄さん?)に一度勧誘されました。わしゃオンロード専門やっちゅうに…。

クルーザーのうち半数はハーレーでした。国産だと、ホンダはシャドウ、ヤマハはドラスタ、スズキはイントルーダーでした。カワサキはいませんでした。エリミネーターとかかっこいいよね…。

ストファイも意外にちらほらいる感じ。といってもヤマハのmtシリーズとカワサキのzシリーズだけですが…。

ビッグスクーターは…見た目に対して名前が分からない…。でもそれなりの数いました。ビグスク好きのみなさん、すんません…。

その他ですが…ボアアップしたカブです。ホムセン教信者らしく、全てのカブに大きなホムセン箱が設置されていました。

まとめ

こんな感じ(投げやり)

ちなみにまとめませんでしたが、排気量別だとやはり普通二輪免許で乗れる126~400ccが圧倒的でした。こうしてまとめてみると、ネイキッド以外の車種は思いの外ばらけていました。まぁ何度も言うように、あくまでも私の通う大学の駐輪場事情であることを念頭に、参考にしていただければと思います。

私自身がスペックでなく、いかに人とかぶらないかを考えて買いました。その結果今では、「今まで生きてきた中で一番輝いてるね」と親にしみじみ言われています。(じゃあ今までの俺はそんなに燻ってたのかな…と少し心配に)

つまり、どのようにバイクを選んでも、そのバイクは必ずあなたの期待に答えてくれると言うことです!決して小さな買い物ではありませんが、まずは相棒を迎え入れ、全力で愛してあげれば、気がつくと最高の相棒になっているのです!

そんな感じ!長々長々となりましたが、読んでいただきありがとうございました。大学生ライダーもっと増えろー!!