危ないDトラ乗りのブログ

バイク関連から日常の何気ないことまでゆる~く書いてます

Twitterやりたい

どうも!危ないDトラ略して危トラです!

今回はタイトルの通り、Twitterに手を出したい!けど…出せない…ッッ!

そんなお話。

 目次

Twitterに手が出ない

f:id:Hollow_Follow:20170923173642j:plain

みんなやってるよね~

まず私はTwitterなるSNSに一度も手を出したことがありません。しかし、大学の友達や、バイト先の塾生(塾講師のバイトをしてます)もみんなやっているんです。

聞くと、「周りの子たちもやっているから、その子たちの動向を逐一うかがえる」、「Twitter上でリツイート(?)なるものが多いつぶやきの動画やら記事やらが面白い」らしいです。ええやん素敵やん。

でもやれない。えぇ、やりたいのにやれないのです。

理由1:文字制限

調べたところによると、一回のつぶやきには文字制限があるらしいですね。400文字だったかしら。(追記:140だった…少ねぇ…)

それにおさまらないんです。

言いたいことがまとまらないし、何よりその文字制限の中でオチをつけられる自信が無い。

「つぶやきなんだから、他人の目を気にしてオチをつけなくても…」

ほならね、私は思うんですよ。だったらそれをネットに挙げる意味ないじゃん。

一度ネットという大海に放ったつぶやきは、一度消しても残ってしまいます。そんな気概でやらないと、SNSは危険です。って講義でやったんだもん!

かといって当たり障りの無いつぶやきなんて、一体誰が面白くて見るんですか…(呆れ)。

だから、文字制限も無く、だらだら書いても誰にも咎められないブログの方が性に合ってるかなって思ってしまうんです。

理由2:そもそもつぶやきたいことがない

これもっとも致命的ですよね。

もうTwitterやらなくていいじゃん(いいじゃん)

原動力、モチベーションの問題なのでしょうが…ブログみたいに「あ、今日はこれを書こう」って決めて、腰を据えてパソコンと対峙すれば書きたいことも湧いてくるし、書こうという気持ちになります。

が、Twitterはしょせんつぶやきです。そもそもつぶやきって思ったけど声を大にして言うほどのことでも無いことを指すはずです。

呟こうと思って呟いてるのならそれは最早呟きじゃないじゃん!

呟く…小声で独り言を言う(Webilo辞書)。聞いてもらう意思がある時点で呟きじゃないじゃん!ってこれは流石に言葉狩りが過ぎるか。

つまり、(わざわざTwitterを開いてまで)つぶやきたいことがない、ってことです。

俺向いてないんじゃないかな(名推理)。

 理由3:みんなやってる

 はい出た天邪鬼。

冗談です。みんな手が出せるほど敷居の低いTwitter。するとこう…どうしても…民度が、ね…。

何か私のイメージでは、根拠無いツイートを鵜呑みにしてイキるだけイキってるキッズたちの、見栄と虚構に満ちた黒歴史生産マシーンってイメージです。

そりゃ、そうでない、ネットのモラルとマナーを心得ている良識ある大人たちが多いとは思います。

でも…少なくともそういったキッズに絡まれる可能性はありますものね…。

それはこのブログも同じだろうと思う方もいるでしょうが、まず絡むためにははてなブログのアカウントを取得してからコメントしないと行けません(アカウントを持っていない人はコメント出来ない設定にしてます)。絡むためだけにそこまでするだろうか、いやしない(反語)。

Youtubeもそうですが、簡単に始められるコンテンツは簡単に面倒くさいキッズを量産しますよね。実際に、数年前にゲーム実況をしていたときも、絶対に何人かは謎なコメントを残す輩がいました。てかそれが原因でやめましたから。

Twitterも同じにおいがします。てか同じどころかより質が悪いにおいがプンプンするぜぇ!(スピードワゴン感)

 でもやりたい…

だって…はてなブログで私が読者として拝読させて頂いている方のツイートとか気になるじゃ無いですか…それにTwitterからもブログを見に来てくださる方も増えそうだし…どうしよう…。

てか何この愚痴みたいな愁いを帯びた記事…。