危ないDトラ乗りのブログ

バイク関連から日常の何気ないことまでゆる~く書いてます

オイル交換の道具が続々と届いた話 Amazon編

どうも!危ないDトラ略して危トラです!

日中暑くないですか…夜や明け方との気温差に参ってしまいそうです…。皆さんももう秋だからと高を括ることなく、しっかり水分補給を忘れずに!!

さてさて、来たるべきオイル交換に向けて着々と道具が届いております。今回はそれらの開封をしていきます。

hollow-follow.hatenablog.com

 目次

 

そろそろオイル交換の時期

いやオイル交換って時期によってやるの?って声が聞こえてきそうですが、違います(意味不明)。いや、ただ伊豆にツーリングから帰ってきたら前回のオイル交換からちょうど3000km走っていたので、やれるうちにやってしまうのです!!(こらそこ、いつでも暇だろとか言わない)

今回は我らがAmazonさんとWebikeさんに注文をしました。

www.amazon.co.jp

www.webike.net

まずはAmazon組から

f:id:Hollow_Follow:20170926115329j:plain

左から、トルクレンチ、エンジンオイル、オイルジョッキです

トルクレンチ

今回頼んだのは、「E-Value」さんのプレセット型トルクレンチです。

 

E-Value プレセット型トルクレンチ 差込角 9.5mm(3/8インチ) ETR3-25
 

 選んだ理由としましては、

  • 0.1n・m単位で締め付けトルクを調整できる
  • 安い

からです。割と細かいトルク値のネジが多いバイクにぴったりとのことで、値段の安さもありこれに決めました。

あ、トルクレンチにもいろいろ種類があるらしく、そのなかでもプレセット型というのは、規定のトルク値になったら「ポキン」と根元からへし折れるタイプです。

…嘘です。「ポキン」と音が鳴ったり、ショックで教えてくれるタイプです。

早速使ってみた感想

使ったと言ってもショックがどんな感覚なのか試しておかないとぶっつけ本番は怖かったので、締めてもそんなに心配ないような所でやってみました。

感想:✖「ポキン」〇「フェニャァ」

なんだコレは…「ポキン」となったりって書いてあったから、それなりにショックが伝わるのかと思ったら、放置して少し固まった粘土をひっぱたらちぎれた感じ情けない分かりづらい感覚。これは試して正解でした。

しかし慣れれば問題ないので、やっぱり買って正解な予感!!

エンジンオイル

買ったのは、カストロールさんのPOWER1なるオイル。

 

 以前にも書いたとおり、4L買った方が1L買うより1Lあたりの半額かそれ以上に値段が安いという「物売るってレベルじゃ無い」価格設定です。その値段の原因が「缶のへこみ」だとか「理由は無い」だとか、レビューで噂されていましたが、手にしてみてようやく分かりました。

f:id:Hollow_Follow:20170926121914j:plain

なぜ手ピカジェルのシールが付いてるのかは不明ですが、売り上げNO.1だからだそうです。(開封した時点でこのシールが缶に…なぜゆえ?)

オイルジョッキ 

これは特にこだわった点はありません。DトラッカーXのエンジンオイル容量は1.5Lなので、およそ2Lあれば安心であることだけで決めました。「AZ」さんのオイルジョッキです。

 

 まだ使用していませんが、蓋がパカパカです。せめてカチッと固定できるようにしてくれないと傾けたら蓋が開閉して鬱陶しい気が…。まぁ蓋はあるだけマシか。

Webike編は次回!

このままWebikeさんから届いた商品を開封していっても良いんですが、長くなりそうなので、今回はここまで。

ちなみに、オイルワッシャーと計量カップ(結局買った)もAmazonさんで注文しましたが、まだ届いていません。それらが届き次第、オイル交換やります!!!